空港関連の株式銘柄がこれから伸びる!買いを入れたい3つの銘柄&取引する上での注意点

空港関連株

訪日外国人が増えている今「空港関連株」の株価は最も注目したい業界なんです

空港ターミナルビルの賃貸管理をはじめ、家賃・施設料収入、さらに物販、免税店運営などもあって、空港を取り巻く仕事は思ったよりも数多いのが現状です。

訪日外国人観光客を2000万人に増やす目標を政府は掲げていますし、現在矢継ぎ早に施策を打ち出している追い風もあり、そのインパクトはとても大きいのです。

以上のことから、空港関連株は、訪日外国人数が増えるとともに右肩上がりとなっている状況です。

これからも、この傾向は続いていくことでしょう。

今回の記事では、そういった空港関連の株で注目したい企業や、取引場で知っておきたいポイントについて詳しく解説しています。

おすすめ銘柄情報

新幹線関連株を狙う方が知っておきたい5つの銘柄&期待できる業界リスト

【チェック!】なぜ投資家達は人より早く「上がる銘柄」を知れるかご存じですか?
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない無料の銘柄情報元3つ」をこっそりご紹介しています。中々株式投資で利益を出せない方は無料情報なので必ずチェックしましょう。

投資家が必ず参考にする「無料の銘柄情報収集元3つ」とは?

これから注目すべき空港関係の株式銘柄一覧!動向をチェックして買いか判断を

では実際にこれからどういう銘柄をチェックしたら良いのか?

今注目すべき空港関連の株式銘柄一覧を下記にはまとめてみました。

今後の成長が期待される主な3つの銘柄とその理由について知りたい方は、下記の情報をご参考ください。

注目の空港銘柄

これから株価を注目したい!給油業務を行う「三愛石油(8097)」

三愛石油株式会社(さんあいせきゆ、英文社名:SAN-AI OIL CO.,LTD)は、石油製品・液化石油ガスなどの販売、ケロシンジェット燃料航空燃料の給油などを行っている理研グループの企業です。

特色としてあげられるのが東京国際空港羽田空港の給油業務を独占して行っていることです。

中部国際空港などにも運営社員を持っているということですから、影響範囲は広がっています。

グループ企業は、自社ブランド「Obbli(オブリ)」、エクソンモービル、昭和シェル石油、JXTGエネルギーENEOSの特約店(ガソリンスタンド)を運営しています。

ENEOS等の主な元売系の特約代理店(元売系ディーラー)の老舗でもあり傘下にキグナス石油もあります。

石油関連企業という建前ですが、立派な空港関連株であり、その動向はこれからも要注目となっているのです。

空港の運営管理を行う「空港施設(8864)」の株価はチェックしておこう

空港施設株式会社(くうこうしせつ)は、国内主要空港にて、空港に必要な施設と機能を建設、運営管理することを主業としている東証一部上場企業です。

まさに、空港関連株の筆頭とも言える企業であり、空港の用途が広がることで注目される有望株となっているのです。

空港までのアクセスを担う!南海電気鉄道(9044)の株価も要チェック

南海電気鉄道株式会社(なんかいでんきてつどう、英語英称:Nankai Electric Railway Co., Ltd.)は、大阪ミナミの難波と和歌山市和歌山・関西国際空港関西空港・高野山などを結ぶ鉄道を経営する大手私鉄です。

古いファンでは野球チームの南海を思い出す人もいることでしょう。

総営業キロは154.0kです。

一般的には「南海」もしくは「南海電鉄」と略されるほか、「南海電車」の呼称もあります。

一見して鉄道会社が空港関連株?と疑問に思う人もいることでしょう。

しかし、関西には関空、伊丹、神戸空港という3つの国際空港があり、それを結ぶ鉄道会社もれっきとした空港関連株と見なされているのです。

ネットや本で勉強しても株で思う様な利益を出せない悩むあなたへ

雑誌やネットなどで情報収集をしても、株で中々利益を出せない…。そんな状況になっていませんか?

株で利益を出している投資家達は、「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしています。

>>投資家達が必ず見る「3つの新鮮な銘柄情報」とは?

株主優待はこういった特典が!空港関連の銘柄が人気な理由

空港銘柄の株主優待
空港関連株が人気になっている背景の一つとして、充実されている株主優待があります。

様々な企業が株主優待に積極的で、空港内などでのショッピングに使える優待券や、ギフトカードなどを用意しています。

中でも、日本空港ビルディングの株主優待はかなり手厚い物になっていますのでご参考ください。

株主優待制度がかなり手厚い!日本空港ビルデング(9706)の株主優待&配当

“羽田空港内の店舗で使える優待券(1,000円相当~)など”が株主優待としてもらえる、羽田空港で店舗を展開する日本空港ビルデング(9706)です。

羽田空港旅客ターミナルビル内店舗をはじめとする自社指定店舗にてご利用可能な優待券が以下です。

指定店舗での優待券

  • 100株 … 1枚 (1,000円分
  • 1,000株 … 2枚 (2,000円分)
  • 10,000株 … 3枚 (3,000円分)

羽田空港(190店舗)、成田空港(25店舗)、関西空港(1店舗)で使うことができます。

日本空港ビルデングは、東京国際空港(羽田)においてターミナルビルの施設の管理運営や飲食業を展開しています。

羽田以外にも成田国際空港、関西国際空港、中部国際空港で販売業をしている優良企業です。

JDF(ジャパンデューティーフリー)株主優待割引券(10%割引)
・100株 … 5枚

羽田空港、成田空港内の自社直営免税売店で使うことができます。

VJAギフトカード

※継続保有期間3年以上が必須

  • 100株 … 1,000円分
  • 1,000株 … 2,000円分
  • 10,000株 … 3,000円分

空港関連の銘柄を取り扱う時の注意点やこれからの株価の動向予測

空港関連の銘柄の注意点

関西国際空港経由で国内外からの旅行者が拡大しています。

運営会社の新関西国際空港が発表した関西国際空港と大阪国際空港の12月発着回数の速報値では、国際線・国内線合計で1万2441回(前年同月比8%増)と20カ月連続で前年を上回っているのです。

外国人旅客数は58万人(同46%増)と歴代4番目の実績。日本人旅客数を上回ったのは、今年に入って6度目となります。

また、外国人旅客数は2014年の年間ベースで開港来初めて600万人を突破しました。

13年の464万人の過去最高を更新したのです。

円安基調からこの傾向は継続しそうです。

関西への観光客増で恩恵を享受する銘柄に再び注目が集まりそうです。

もっとも、円安など為替レートに左右されやすいのが注意点と言えるでしょう。

空港関連で儲かりそうな株式銘柄や知っておくべきお得な知識をまとめると…

空港株を取引きする注意点

  • 訪日外国人が増えている今だから空港関連株は注目したい
  • 今注目すべき銘柄は大きく分けて3つ!動向をチェックしよう
  • 株主優待が手厚いのも空港関連の銘柄の特徴
  • しっかり注意点を抑えて売買しよう

こういった様に、空港関連の銘柄は今注目したい業界の一つです。

しかしご紹介した企業の銘柄も含めて既に多くの人が注目しているので、これから大きく上がる事はあまり期待できないケースも有ります。

結局の所、株式投資で思う様な利益を狙うなら「新鮮な投資情報を仕入れる事」が大事です。

下記のバナーをクリックすると、信頼できるおすすめ銘柄を無料で教えてくれる情報元3つを公開しています。

まだチェックしてい無い方は、無料ですので確認される事をおすすめ致します。

※知らないとまずい※無料の銘柄情報の仕入れ先3つ

なぜ有名な投資家達は、株で利益を上げる事が出来ているのか?それは最新の銘柄情報を仕入れる事が出来ているから。

そんな「投資家達が参考にしている3つの無料銘柄情報」を下記のバナーをタップしてご覧ください。

おすすめ銘柄情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)