これから仕込もう!マスク関連の株価が冬に伸びる理由&3つの注目銘柄を解説!

注目したいマスク銘柄

マスク関連の株価が冬に伸びる理由&3つの注目銘柄を解説!

【チェック!】なぜ投資家達は人より早く大化け銘柄を知れるかご存じですか?
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。これから上がる株を知りたい時に参考になる無料情報を3つだけ公開しています。

これから上がる株を知れる!「無料の銘柄情報収集元3つ」を確認する

冬の時期にはインフルエンザの影響でマスク関連株が毎年伸びるんです!

シーズンストック(季節銘柄)は季節要因によって株価が大きく変動する銘柄を指します。

夏は清涼飲料水やビール、エアコン機器に関連した銘柄、冬はヒートテックなどの衣料品、スキーなどのウインターレジャーに関連した銘柄などが広く物色される銘柄となります。

この中でもマスク関連銘柄はほぼ毎年、必ずと言っていいほど注目を集めます

人気のマスク銘柄

そのためシーズンストックやアノマリー投資の代表格と言っても過言ではありません。

11月のインフルエンザ流行時期手前で仕込み始める投資家が多いのが特徴です。

1月~2月の流行ピーク時に売り抜けるという手法がマスク関連株では特に有効とされているのです。

インフルエンザ以外にも冬は感染症が多い!共通して冬に需要が高まるのがマスクなんです

冬場は乾燥が進む事から、インフルエンザ以外の感染症も多く発生する為、感染症関連の銘柄が伸びます。

例えば「RSウイルス関連銘柄」「溶連菌関連銘柄」なども感染症予防関連銘柄としてチェックしておきたいところ。

冬は感染症関連銘柄が伸びる

医療器具や薬品メーカーも流行する病気によって注目される物が変わってきます。

そしてこれらの感染症で共通して欠かせないのがマスクです。

マスク関連株やマスク会社の銘柄は冬には特に株価を上昇させます。それだけ、マスクを必要とする人が多く、マスク製造会社は製造にフル回転となるのです。

前もって、マスク関連株を購入している人でしたら大きく稼ぐことができるでしょう。

しかし、高値や底値の判断がつきにくいのが、マスク関連株の難しいところでもあるのです。

マスク銘柄が伸びるのはインフルエンザの流行前から花粉が終わるまでが勝負!

インフルエンザは例年、11月~12月に感染者が増え始めます。

そして、1月~2月にかけて感染者がピークとなり「流行」という言葉が多用されるようになるのです。

インフルエンザのピーク

同じくマスク関連銘柄も11月~12月で物色され始めて、1月~2月にかけて関連の株価がピークを付ける場合が多くなります。

花粉の季節で有る4月前後も例年良い株価を記録します。

特にインフルエンザが「大流行」とされる年になると、マスクが品薄になるなど、インフルエンザ関連銘柄に大きな影響を与えるのです。

なぜ投資家達は利益を出せてるのか?理由を知りたいあなたへ

なんで投資家達は株で簡単そうに利益を出す事が出来るんだろう?

理由は安定して利益を出している投資家は「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

ただ、例外としてPM2.5だったり、mersコロナウイルス等の流行で突発的に伸びる事ももちろんあります。

マスクメーカーの関連銘柄で注目したいのはこの3つ会社!その理由は?

株価が伸びそうなマスク関連株

マスクメーカーなどの関連銘柄とされているのはダイワボウ(3107)、シキボウ(3109)、日本バイリーン(3514)の3銘柄です。

共通しているのは3社とも繊維系の会社です。

データ上では、ダイワボウ、シキボウに関しては12月後半~1月後半に高値になる傾向があります。 (2009年だけは、市場の影響が強く、8月が全ての銘柄の高値になっていました)

日本バイリーンに限ると、冬に株価が高くなるというわけではないようです。

自動車向けの製品や電池用セパレーターの事業を手がけている会社です。

そのため、マスクの需要が株価に与える影響が弱いのかもしれません。

以上のことから、ダイワボウ、シキボウを冬場までに仕込んで、冬に売るのが手堅いでしょう。

冬の季節だから必ず上がると過信するのは要注意!冬に向けた銘柄を仕込む注意点

もちろん季節株というのは、そう簡単なものではありません。

問題の1つは、この5年については日経平均も冬場に高値を記録していることが多く、単に市場に連動しただけかもしれないということが考えられるからです。

必ずマスク関連株が伸びる訳ではない

日経平均より株価の上昇率が高いこと、そしてピークの時期がずれていることが多いので、冬場に上げやすいということは間違いないとも言えます。

日経平均と連動性があって、ベータが高いだけかもしれないと思いがちですが、それほど高くもないようです。

もう1つは、安値が必ずしも夏ではないことです。それによって、買い時が特に難しいのです。

マスク関連銘柄を夏に買って、冬に売っても必ずしも利益にはならないということですね。

それでも、ダイワボウ、シキボウについては、冬に株価を上げやすい銘柄です。

銘柄ではないので、夏に安く仕込むことができれば、この戦略を試してみる価値はあるでしょう。

マスク業界の株価が伸びる理由や注目銘柄と注意点をまとめると…

マスク関連銘柄のまとめ

  • インフルエンザの影響でマスク関連株が毎年伸びる
  • 冬に需要が高まるのは多くの乾燥により感染症が流行するから
  • マスク銘柄が伸びるのは冬からから花粉が終わるまで
  • マスクメーカーで注目したいのはダイワボウ(3107)、シキボウ(3109)、日本バイリーン(3514)
  • 冬の季節だから必ず上がると過信するのは要注意!

こういった様に、ほぼ毎年上がるマスク関連銘柄。

けれども、これから既に注目されているマスク関連銘柄へ投資を行っても、すでに天井付近の価格になってしまっている事が多いです。

だからこそ、これからマスク関連銘柄を買うのであれば、なるべく注目されていなくてこれから伸びる銘柄を仕込むべきです。

稼いでいる投資家達は、そういうこれから上がる銘柄の情報収集元をいくつか確保しています。

下記のバナーの先には、そういった多くの投資家達が参考にしている無料の銘柄情報収集元3つを公開しています。

こういう物を参考に、今の時期から仕込むべき銘柄を仕入れてくださいね。

※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報

なぜ有名な投資家達は、株で利益を上げる事が出来ているのか?それは最新の銘柄情報を仕入れる事が出来ているから。

そんな「投資家達が参考にしている3つの無料メルマガ3つ」から最新の銘柄情報を手に入れて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)