2018年ロシアW杯は株価にどう影響あるの?今から仕込むべき2銘柄&取引時の注意点!

2018ワールドカップと株価

サッカーのワールドカップが開催されると株価が動く!過去にはどういう事例が有るの?

サッカーのロシアワールドカップがとうとう2018年に開催されます。

前回の開催国ブラジルでは、開催反対のデモや建設工事の遅れなど、様々なトラブルがありましたが、何とか開催にこぎ着けたのも記憶に新しいところ。

株式投資の世界では、ワールドカップの年には株価が上昇しやすいというジンクスがあるんです。

開催国はスタジアムの建設特需や観光客の増加などの実需が増えます。

もちろん、開催国以外にも優勝国や日本の市場にも大きく影響が有るんです。

今回の記事では、ワールドカップと株価の関係性と、2018年ロシア大会に注目したい銘柄や取引上の注意点等を詳しく解説しています。

新幹線関連株を狙う方が知っておきたい5つの銘柄&期待できる業界リスト

【チェック!】なぜ投資家達は人より早く「上がる銘柄」を知れるかご存じですか?
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない無料の銘柄情報元3つ」をこっそりご紹介しています。中々株式投資で利益を出せない方は無料情報なので必ずチェックしましょう。

投資家が必ず参考にする「無料の銘柄情報収集元3つ」とは?

ワールドカップ優勝国の株価は絶対値上がりする?15%以上価格が上がる事も

ワールドカップ優勝すると上がる株
過去10回の大会のうち、ドイツは1974年と1990年の2回優勝しています。

1974年の株価は前年比で15%下落していて、1990年は逆に18%上昇しています。

また、イタリアは1982年には前年比で株価が下落していましたが、2006年では15%上昇しています。

ちなみに前々回の優勝国スペインの2010年における株価は、前年比でほぼ横ばいとなっていました。

全体として見る限り、優勝国の株価が確実に値上がりするわけではないですが、良い影響を与える事が多いと言えます。

実際に日本の株式市場におけるW杯の影響は?実は開催中~後には上昇が期待できない

ちなみに、日本チームの成績と株価についてはどうでしょうか。

基本的に、開催前には市場は良い影響が有るのですが、開催中~後はあんまり良い動きではありません。

W杯前に売却を

例えば、2010年の大会では、日本はベスト16に進出しました。

しかし、開催中~開催後の株価はいまひとつだったのです。開催を前に株価は下落しています。

期間中はダラダラとした状態が続きました。

株価が、上昇したのはワールドカップが終わった冬になってからのことです。

2006年の大会の時は、株価は1万4000円台から1万7000円台まで上がりましたが、このときの試合の結果は1次リーグ敗退でした。

一方、2002年の日韓ワールドカップは株価が1万円から8500円に下がっています。このときはご存知のようにチームの成績はベスト16を達成したのです。

なので、開催前まで株価が上がりきってしまう事が多いのが日本の特徴と言えます

ロシアワールドカップが開催されると影響を受けそうな業界は?

スポーツ用品メーカーは確実に影響を受けます。

また、旅行、ゲームなどの企業の期待も高いです。

民間シンクタンクの試算では、W杯の経済波及効果は最大約4000億円に達する見通しとなっています。

各シンクタンクが試算する経済効果は、来訪客による消費やスタジアム整備、雇用拡大などとなっています。

期間中の来訪客は、海外からだけで約40万人に上るとみられています。

おすすめ銘柄情報

2018年ロシアワールドカップに向けて今から仕込む!2つの注目すべきの銘柄

ワールドカップ観戦

どうせ投資するなら、上昇の恩恵が特に大きい銘柄を選びたいものです。

SBI証券の藤本誠之氏は、「スカパー!」を運営するスカパーJSATホールディングス<9412>に注目しています。

今回のW杯は試合の放映権料が100億超といわれるほど高騰したため、スカパーは中継を断念しました。

それでもスペインなど人気の海外リーグは中継されているので、ワールドカップを境にサッカーへの関心が高まれば、これらの中継の需要が高まり、利益が伸びる可能性が高いとしています。

無理に高い放映権料を払って経営を圧迫するよりも、日本代表が活躍すれば後からおいしいところを持っていけるというわけですね。

そのほか、人気サッカーゲームシリーズ「ウイニングイレブン」を擁するコナミホールディングス<9766>も注目株です。

ワールドカップ関連株を扱うなら「開催前」の一番良い時に売るのがベスト!

W杯銘柄には、どういうタイミングで投資すればよいのでしょうか。

「一過性の上昇で終わる」可能性も高いので、早めに仕込んでおいて利が乗ったらすぐ売却しましょう。

開幕前に盛り上がるようなら、そこで売ってしまってOK。

日本代表が勝ち上がれば一段上もあるでしょうが、負ければ終わりなので安全重視の投資家は早めに勝ち逃げするのがおすすめです。

ネットや本で勉強しても株で思う様な利益を出せない悩むあなたへ

雑誌やネットなどで情報収集をしても、株で中々利益を出せない…。そんな状況になっていませんか?

結局稼いでいる人たちはみんな、「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしています。

>>利益を出している人が見る「新鮮な銘柄情報3つ」とは?

2018年ロシアW杯関連株や取引き上の注意点&今から間に合う注目銘柄の見つけ方をまとめると…

2018W杯の関連銘柄

  • 優勝国の株価が確実に値上がりする傾向
  • 日本の株式市場は開催中~後には上昇が期待できない
  • 影響を受けそうな業界は、スポーツ、ゲームなど
  • ロシアW杯ではスカパーとコナミは注目したい
  • 関連株を扱うなら「開催前」の一番良い時に売るのがベスト

こういった様に、ロシアW杯は開催前にある程度銘柄を仕込んでおく事がとても大事です。

けれども、もう開催間近だったり注目銘柄が天井値付近に来てしまっている時、出遅れてしまった~!と言う方も少なくないと思います。

そういう時には、まだあまり人が目を付けていない銘柄に注目すべき。

実際にどんな銘柄に注目すれば良いのかと言うと、例えば下記の様な信頼できる情報元から伸びる株を知る事。

むやみに高額なセミナーに参加するより、こういった信頼できる無料情報を基に銘柄をチェックするのがリスク最小限に株式投資を行う秘訣です。

※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報

なぜ有名な投資家達は、株で利益を上げる事が出来ているのか?それは最新の銘柄情報を仕入れる事が出来ているから。

そんな「投資家達が参考にしている3つの無料メルマガ3つ」から最新の銘柄情報を手に入れて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)