これから新幹線関連株を狙う方が知っておきたい5つの銘柄&期待できる業界リスト!

新幹線関連株

新幹線関連株を狙う方が知っておきたい5つの銘柄&期待できる業界リスト

【チェック!】なぜ投資家達は人より早く「上がる銘柄」を知れるかご存じですか?
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない無料の銘柄情報元3つ」をこっそりご紹介しています。中々株式投資で利益を出せない方は無料情報なので必ずチェックしましょう。

投資家が必ず参考にする「無料の銘柄情報収集元3つ」とは?

新幹線が開通すると株価に影響が出る!リニア中央新幹線等の知っておきたい関連株

リニア中央新幹線についていえば、まず鉄道関連株が上昇するのは間違いありません。

東京から名古屋までレールができるので、JR東日本やJR東海なども利益が上がる可能性が高いといえます。

リニア新幹線と株価

それでは、買いということになるのですが、旧国鉄関連の株は株価が元々高いので、個人投資家ではなかなか手が出しにくいのです。言うなれば資金がいくらでもあれば、買いということです。

鉄道関連株に手がでないのであれば、次に目をつけたいのが、土木公共事業系の関連株です。

鉄道工事の業者

三菱重工などリニア中央新幹線起工にあたって出資していたり、事業を担っている企業は少なくとも仕事がなくなることがありません。

これはどのような小さな企業でも同様です。

すでに株価は上がっているので、これから有望株を見つけるのは大変かもしれませんが、できるだけ株価が低く、なおかつ新幹線関連の土木公共事業系の株ということになります。

膨大な公共事業になるので、少なくともその裾野は広く、どの会社の少なくとも一枚は噛んでいそうですから、全てが関連株と考えてもおかしくはないでしょう。

注目すべきなのは「リニア新幹線開通後」に恩恵の有りそうな業種!

もちろん、東京だけでなく、通過駅となる主要な都市の開発が進むことになります。

特に最初のゴールとなる名古屋は注目度大といっていいでしょう。

実際に駅前は土地開発が進んでいて、伊勢丹も初進出しています。

すでに駅直結で高島屋や、中心街となる栄には三越・松坂屋といったデパートが存在しています。

消費活動が増えることを考えれば、デパート関連株は上昇が見込まれる分野といっていいでしょう。

名古屋発の飲食店なども盛り上がってくる可能性もおおいにあります。

その他にも、各地の新幹線開通に伴いこれから伸びそうな業界や銘柄が有ります。

北海道新幹線がが開通して1年!これから影響が出そうな株式銘柄一覧

北海道新幹線と株価
北海道新幹線は開通して一年。いろいろ言われていますが、北海道へのアクセスは飛躍的にしやすい環境が整備されました。

新幹線自体の採算はどうであれ、アクセスが良くなった事により周辺地域に与える影響は充分な物。

下記にはそういった、北海道新幹線が開通して一年経った今注目したい銘柄二つについて解説致します。

テーオ-小笠原(9812)は北海道新幹線開通後一年の今だから注目したい

1950年に創業し、函館が故郷となっている企業です。木材、流通、住宅、建設、不動産賃貸、自動車関連、サービス等が主たる業務となっています。

連結子会社である函館日産自動車及び北見日産自動車は日産自動車ディーラーとして自動車販売及び自動車修理事業を行っている会社でもあります。

なお、15年4月1日付で北見日産自動車全株式を取得し連結子会社としています。

業績は底堅く、道南を中心として活動していて、株価は底堅いです。

幅広く事業を展開しているので、一つこけてもどこかが盛り返すという構造でグループ全体としてみると負ける要素がありません。

株価も高値安定ですから、資金に余裕があれば損をすることのない優良銘柄と言ってもいいでしょう。

ナラサキ産業(8085)は北海道で技術力も有り安定感も有る銘柄

本店所在地は北海道札幌市です。電気設備事業、建築設備事業、FA/高機能材料事業、産業機械・農業施設事業、建設機械事業、建設資材事業、エネルギー事業を手掛ける会社です。

電気設備の機器部門では、三菱電機の代理店として業績を上げています。工場のFAキーコンポーネントはもとより、情報ネットワークや建築設備における電源供給のフレキシブル化に対応する多彩な機器を販売し、各種システム構築に最適なソリューションを提供しているのです。

また、建設設備の施設部門では、三菱電機やその他有力専門メーカーの代理店として、建築設備業界において最適な空調衛生設備機器、冷凍冷蔵設備機器、昇降機設備、受変電設備、非常用自家発電設備、無停電電源装置、駐車場設備、大型映像装置、ビル管理システム、セキュリティシステム等多種にわたる設備システムを提供をしています。

さらに地球環境にやさしいより高効率な省エネシステムを提案しているハイテク企業の側面があります。

いずれにしても技術者集団でもあり、代理店としても活躍していますし、物作りの会社でもあります。

業容が多岐にわたっていて、そのどれもが平均以上ですから、超優良企業と言ってもいいでしょう。

全国的な知名度はありませんが、三菱グループですから、底堅く安定した成長が見込める優良銘柄です。

なぜ投資家達は利益を出せてるのか?理由を知りたいあなたへ

なんで投資家達は株で簡単そうに利益を出す事が出来るんだろう?

理由は安定して利益を出している投資家は「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

北陸新幹線が金沢まで延長して二年。今だから注目したい2つの銘柄

金沢新幹線と株式銘柄
2015年に金沢まで延長した北陸新幹線では、開通後周辺企業の銘柄が注目されてきました。

けれども延長して二年経ち、オリンピックも差し迫ってきた今だから注目して行きたい銘柄が存在しています。

下記にはそういった、北陸新幹線が金沢まで伸びて二年経った今チェックしておきたい銘柄2つをご紹介致します。

北陸基盤の百貨店企業の大和(8247)はこれからも期待できる銘柄

北陸新幹線関連の本命と見られていた大和(8247)は開業となった2015年3月の上旬に最高値を記録し、それからも順調に成績を伸ばしています。

上昇幅は最高値時でおよそ30%ほどとなっています。

金沢に本社を置くダイワデパートが観光客等の増加により、売上が見込める事への反応です。

観光地として金沢は年々人気が高まってきているので、これからも好反応が望めます。

金沢に本社を置くラーメンチェーン「ハチバン」(9950)も北陸新幹線延長後に右肩上がり

北陸新幹線開業の影響もあって、決算では最高益を樹立しました。

しかし、株価への影響は限定的で、北陸新幹線の開業前や開業時には特に大きな動きはなかったのです。

その後、業績の好調さが見えてきた夏ごろに20%ほどの上昇を見せています。

金沢と言う都市自体が活気にあふれてきているので、その反応として外食チェーンが伸びているのです。

九州新幹線が長崎まで延長した時に株価をチェックしたい銘柄はどういう所?

九州新幹線の関連銘柄
2004年に開通し、2022年には長崎まで延長する事で注目されている方が多い路線です。

「JR九州自体は買いなのか?」という質問になると、規模が大きすぎます。安定感はあれど今では購入できる人は少ないでしょう。

気になる業績の部分ですが、JR九州は民営化し早くから鉄道だけでなく、不動産・飲食など多角化経営をしてきたことから収益は安定しています。

2016年4月に熊本地震で大きな被害を受けた点は気になるのですが、それでも2017年3月期の連結決算業績予想は悪い数字ではありませんでした。

長期スタンスでみるならば、面白い銘柄であるのは間違いありません。

まだ長崎までの開通が先ですが、それを見込んで長崎周辺企業や長崎地盤の安定銘柄を購入されるのが良いかも知れません。

長崎まで新幹線が開通する前に仕込みたい銘柄!九電工(1959)

九州の企業として知名度がありそうなのは九電工です。

九電工は九州電力系で配電事業やビルの改装などの工事なども請け負っている会社です。

JR九州が上場することによって思惑買いが入る可能性はなくはなさそうです。

ただ、時価総額が大きいので、旨味はそれほどないかもしれません。

しかし、長崎に新幹線が出来る事により九州自体が活性化するのでそう考えると今から仕込んでおくべき銘柄です。

新幹線関連の株銘柄は株主優待にも期待出来る!各地域のJRの優待制度まとめ

新幹線関連銘柄の株主優待券

JR東日本、JR東海、JR西日本、JR九州社は株式を上場していて、株主優待割引券(株主優待券)を発行しています。

株主優待券を使えば、それぞれのJR線を割引で乗ることができるのがメリットです。

JR東日本

株主優待券1枚について、片道運賃・料金が2割引です。2枚まで同時使用可能で、最大で4割引にできます。

JR東海

株主優待券1枚について、片道運賃・料金が1割引です。2枚まで同時使用可能なので、最大で2割引にできます。

JR西日本
株主優待券1枚について、片道運賃・料金が5割引です。複数枚の同時使用不可です。

JR九州
株主優待券1枚について、片道運賃・料金が5割引です。複数枚の同時使用不可です。

今注目したい「新幹線関連銘柄5つ」と優待制度や注意点をまとめると…

新幹線関係で注目したい銘柄

  • 今注目すべきなのは「新幹線開通後」に伸びている都市の関連株
  • 北海道新幹線が開通して一年の今注目したいのはテーオ-小笠原(9812)ナラサキ産業(8085)
  • 新幹線が延長して金沢自体が活性化している!大和(8247)ハチバン(9950)は注目したい銘柄
  • 2020年に長崎まで開通する九州新幹線の関連株はインフラの九電工(1959)をチェック
  • 優待制度が充実しているJR!上手に活用しよう

こういった様に、新幹線の発達により開通した後に影響が有る銘柄は非常に沢山有ります。

こちらに挙げた銘柄はほんの一部で、すでに天井付近まで来てしまっている物もいくつかあります。

これからどんどん伸びていく関連銘柄はどうやって見つけたら良いのか?と考える方がほとんどだと思います。

基本的に利益を安定して出せている投資家は、色々な有益な情報をいくつか取得して銘柄選びを行っています。

下記のバナーをクリックすると、投資家達が参考にしている無料の銘柄情報3つをこっそり公開しています。

どういう銘柄がこれから急伸するのか知りたい方は、こういう無料で仕入れられる情報は必ずチェックされる事をおすすめ致します。

※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報

なぜ有名な投資家達は、株で利益を上げる事が出来ているのか?それは最新の銘柄情報を仕入れる事が出来ているから。

そんな「投資家達が参考にしている3つの無料メルマガ3つ」から最新の銘柄情報を手に入れて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)